HOME >>  事務局だより - EU-Japan Fest Blog - >>  こころをつなぐダンス 東北で・・・

事務局だより
- EU-Japan Fest Blog -

Nov. 1, 2011

こころをつなぐダンス 東北で・・・

1020日~25日の日程で、ベルギー・ブラッセルよりダンスグループUNIKが来日し、東北地方でワークショップ及び公演を行いました。UNIKは、観客をダンスに巻き込み、一緒に一つの作品をつくりあげる“観客参加型”のパフォーマンスを特徴とするユニークなグループ。プロジェクトごとにメンバー編成を変えるそうで、今回は4名が来日しました。


1110_UNIK_193.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

アントワープ1993、ブラッセル2000、ブルージュ2002とベルギーでの過去の欧州文化首都において、日本の演劇・ダンスプログラムは大きな反響を得てきました。それと同時に、日本国内でのベルギーのダンスへの関心も年々高まっています。当委員会では本プログラムを、ベルギーにおける欧州文化首都からのご縁が続く派生事業としてお手伝いいたしました。

 写真左:UNIKメンバー(写真:フクベヨシノブ氏)

 

今回のUNIK来日にあたっては、フランダースセンターのカトリッセ館長と地域の学校、ダンス指導者、ダンスチーム、アートNPOなど地元の方々が中心となって準備を進めてきました。

また、ワークショップとパフォーマンスには、必ず地元の日本人ダンサーがUNIKに加わり、彼女たちと観客をつなぐ大切な役割を果たしました。

通常、演劇やダンスなどを楽しむ際には、私たちは基本的に受け身でいることが多いです。「観客」として、作品を見て、楽しむ。しかし、今回のUNIK公演では、自分もそのパフォーマンスの一部にならざるを得ません。ただ音楽を聴いて、身体を動かすだけのことですが、それをすることで、自分といろいろなものとの距離が近くなるのを感じます。アーティストとの距離、音楽やダンスとの距離、隣にいる人との距離。終わった後は、出身地も年齢も職業も関係なく、ひとつのダンスの楽しさを共有して、皆が上気した顔で笑顔を見せます。

震災と原発事故による被害、それにまつわる風評被害もいまだ続いています。新聞やテレビの報道を受け身で眺めているとまるで他人事のように見えますが、それらは遠いどこかの出来事ではなく、私たち全員で解決していくべきことなのだと考えます。

今回のプログラムが、被災地の多くの方々にとって、勇気と元気のひとつの源になったことを願ってやみません。

以下、各地でのプログラム実施の様子をお知らせします。


<仙台市>
仙台では、まず仙台市立四郎丸小学校、翌日には宮城県立利府高校でのワークショップ・公演を実施。

UNIKと地元で活躍中のダンサー・フクベヨシノブ氏が、ステージ上で子供たちに少しずつ振付を教えていきます。どんどん進む振付に、子供たちは笑顔で元気についていき、最後には1曲通してみんなでダンス!小学校、高校とも、大変な盛り上がりでした。
 

2011.10.20仙台 003.jpg2011.10.20仙台 028.jpg





↑仙台市立四郎丸小学校でのワークショップ
 

1110_UNIK_365.JPG

1110_UNIK_395.JPG









 
↑宮城県立利府高校でのワークショップ・公演。終了後には皆でハグ!(写真:フクベヨシノブ氏)


夜には、
2日間にわたり、仙台市そして山形県東根市にてダンス指導者や現役のダンサーの皆さんとのワークショップ。日本側のダンサーのショーイングもあり、ダンスの楽しさを皆で共有したひと時となりました。

仙台・山形での一連のプログラムについては、フクベ氏の他、新体操の橋本千波先生、遠藤奈美子先生にも大変お世話になりました!



1110_UNIK_688.JPGUNIK仙台 086.JPG


↑仙台市でのワークショップ&山形県東根市でのワークショップ(写真:フクベヨシノブ氏)         

 


<福島県三春町>
三春町では、柳津町のあかべこ演舞隊のパフォーマンスの後、地元の子供からお年寄りまであらゆる参加者の方々が
UNIKと一緒に身体を動かし、音楽とダンスの楽しさを分かち合う一つの場が生まれました。

 

 

 

翌日には仮設住宅を訪問し、ミニパフォーマンス。三春町では、福島で活躍している2名の日本人ダンサー、叶みち子氏と八重樫琴美氏のご協力をいただきました。

 

<福島県いわき市>
いわき市では、同市出身で現在、東京・千駄木を拠点に活動しているダンスカンパニー・nomade~sの熊谷乃理子氏とご友人の皆様が受け入れの準備をしてくださいました。移動の途中では、津波により大きな被害のあった場所も訪れました。海外では震災と原発事故について多くの風評が広がりましたが、UNIKメンバーは、震災の爪痕を目の当たりにし、様々な思いを巡らせているようでした。
RIMG0228.JPG
そしていわき市立江名小学校、福島県立四倉高校にてワークショップ及び公演。熊谷氏にはダンサーとしてワークショップに参加していただきました。

 

RIMG0081.JPGRIMG0210.JPG


 

 


 

 

 

 


↑いわき市立江名小学校でのワークショップ。皆、元気いっぱいでした。


RIMG0368.JPGRIMG0438.JPG


 

 

 

↑福島県立四倉高校でのワークショップ。生徒たちの反応は様々…UNIKのメンバーは、「高校生ならいろいろな反応があって当然」とコメントがありました。


◎UNIK
 東北ワークショップ&公演の詳細はコチラ:
http://eu-japanfest.org/n-program/2011/10/post-369.html 

◎フランダースセンターウェブサイトはコチラ:
http://www.flanders.jp/ 

◎フクベヨシノブさんのブログでも、UNIK仙台公演について掲載されています:
http://fukubeyoshinobu.com/tag/belgium/



事務局 箱田