HOME >>  事務局だより - EU-Japan Fest Blog - >>  ベルギー王立カンターテ・ドミノ少年合唱団 来日!

事務局だより
- EU-Japan Fest Blog -

Jun. 5, 2012

ベルギー王立カンターテ・ドミノ少年合唱団 来日!

カテドラル公演チラシ表_最終_small.jpg 

今夏、5回目の来日を果たすベルギー王立カンターテ・ドミノ少年合唱団が、76()19時、東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂にて、コンサートを開催します。

本合唱団は欧州トップレベルの高い評価を得ており、これまで半世紀に渡り33ヵ国で公演を行っている実力派。

共演する所沢フィーニュ少年少女合唱団は、
2010年の欧州文化首都ペーチ(ハンガリー)で公演を行い、その後も目覚ましい活動を続けています。
 
この機会に、多くの皆様にベルギーと日本の青少年の素晴らしい歌声をお楽しみいただきながら、将来を担う若者たちへ力強いエールをお送りいただければ幸いです。

皆様方のご来場を、心よりお待ちしております。





国際青少年音楽祭 in 東京

日時:2012年7月6日(金) 19:00開演(18:30開場)

会場:東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂
    (東京都文京区関口3-16-15 <椿山荘向い>)
    アクセス/東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」 1a、1b出口より徒歩15分
           JR山手線目白駅前よりバス「新宿駅西口」行 「椿山荘(関口三丁目)」下車

出演:ベルギー王立カンターテ・ドミノ少年合唱団
    所沢フィーニュ少年少女合唱団

 
自由席/入場無料 (※ご入場にはチケットが必要です)

 チケットお申込み/お問い合わせは以下まで・・・
  EU・ジャパンフェスト日本委員会事務局
  電話:03-3288-5516  Email:eu-japan@nifty.com
 
 ●Emailでお申し込みの場合:住所、お名前、電話番号、ご希望枚数をお知らせください。
   ●お申込みの枚数は、お1人様4枚までとさせていただきます。
 締め切り:615(金)
 

                          ♪♪♪  出演者紹介 ♪♪♪

ベルギー王立 カンターテ・ドミノ少年合唱団
指揮:デイビット・デ・へ-スト(David De Geest) 
Cantate Domino - David De Geest_small.jpg










 



1959
年、M.ゲイス神父により設立。メンバーはブラッセル近郊のアールストにある聖マールティン中高等学校の生徒と卒業生で構成されています。ヨーロッパのトップレベルの少年合唱団として、ウィーン少年合唱団と共演するなど、高く評価されています。この半世紀で、すでに世界33か国にて公演。初来日は1981年。日本における国際青少年音楽祭への参加は、2005年、2007年に続き、本年3回目の参加となります。今回は、特に被災地の合唱団との共演や東北の合唱団とさらなる交流をめざしています。彼らの活動には、音楽で、世界各国の人間同士が、お互いの壁を取り除き、友情の輪を育んでいこうとする情熱が込められており、その活動は世界中の熱狂的な観客により、支えられています。

 
所沢フィーニュ少年少女合唱団(埼玉県所沢市)
指揮:メイジャー佐知子
20071223-000000 (80)_small.jpg













1998
年に所沢市で創団。フィーニュとは、ハンガリー語で『ひかり』という意味。歌う事を通して、子ども達11人がその子らしく輝きます様に、との願いが込められています。現在、4歳~18歳まで約70名の子ども達が、活動。コンクール・合唱祭・定期演奏会・特別養護施設訪問コンサートなどの他に、ハンガリー、アメリカ、ロシアなど海外の合唱団との交流も積極的に行っています。2004年、2008年のハンガリー遠征では、国際合唱コンクール参加、学校訪問、ホームステイなど、様々な貴重な体験を得る事が出来ました。その後、2010年には欧州文化首都ペーチ(ハンガリー)の国際青少年音楽祭へ参加したことは、子ども達の限りない可能性をさらに広げるものとなり、忘れられない体験となりました。今回は、ベルギーの少年たちのホームステイを受け入れ、息の長い音楽交流の新たな始まりとなることを願っています。