HOME >>  事務局だより - EU-Japan Fest Blog - >>  AIRネットワーク・フォーラム「若きアーティストがつなぐ、国際的クリエイティブネットワーク」開催

事務局だより
- EU-Japan Fest Blog -

Nov. 5, 2014

AIRネットワーク・フォーラム「若きアーティストがつなぐ、国際的クリエイティブネットワーク」開催
AIR Network Forum: International Creative Network connected by Young Artists

キャプチャairnetwarok.jpg
今夏、2015年欧州文化首都プルゼニ(チェコ)で開催された美術のサマーコースArtCamp2014へ、日本(AIRネットワーク準備会)から10名のアーティストと学生が派遣されました。この度チェコから2名の担当者とプログラム参加者を迎えた活動報告会が11月21-23にかけ東京で開催されます。是非ご参加ください。
 
This summer, AIR NETWORK in Japan send 10 artists and art students to ArtCamp2014 in Pilsen2015 (Czech Republic). They will have report presentation and forum on 21-23 Nov. in Tokyo, welcoming the director and coordinator of ArtCamp. This program is open to public.
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ AIRネットワーク・フォーラム
   【DAY1|11月21日】フォーラム@Arts Chiyoda 3331
   【DAY2|11月22日】テーブルディスカッション@女子美術大学
   【DAY3|11月23日】オプショナルツアー:遊工房アートスペース、トロールの森2014
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
<プログラム詳細/AIRネットワーク準備会より>
 
 今夏、AIRネットワーク準備会では、チェコ共和国のプルゼニ(2015年欧州文化首都)で開催された
「ArtCamp2014 / International summer schoolof art」へ、日本から若手アーティスト4名、
及び美術系大学院生6名を派遣しました。うち派遣アーティスト1名に対し、プルゼニ2015が運営する
アーティスト・イン・レジデンス「OPEN AiR」での交換滞在プログラムを提供。ArtCamp2014終了後に
2ヶ月の滞在制作を実施しました。
 
 そして本事業終了を受け、この度のAIRネットワーク・フォーラムでは、西ボヘミア大学から
ArtCamp2014ディレクターならびにコーディネーターのお二人をお迎えし、活動について伺うとともに、
プルゼニ市に滞在した参加者10名による活動報告、AIRと美術系大学との協働の可能性、
国際的なプログラムを実施することの意義やこれからの美術系大学の国際化について討議します。
 
 なお、マイクロレジデンス・ネットワーク*1が提唱する「Y-AIR」構想*2 の実験的な取り組みとしても
実施しています。大学やアートセンターといったマクロな機関とともに世界中のマイクロレジデンスの
ネットワークを活用しながら、AIR活動に関わる若手アーティストやアーツマネージャーの人材育成を進め、
その参加者や教員、AIR運営者とともに日本での国際ArtCampの具現化に向け議論することで、
社会装置としてのAIRの役割の顕在化を目指します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【DAY1|11月21日】
 AIRネットワーク・フォーラム「若きアーティストがつなぐ、国際的クリエイティブネットワーク」
 
 西ボヘミア大学ArtCamp2014について伺うとともに、同参加者による活動報告、
 AIRと美術系大学との協働の可能性、国際的なプログラムを実施することの意義や
これからの美術系大学の国際化について討議します。
 
プログラム:
■「AIRの概要(マイクロとマクロの協働 Y-AIR構想)及び欧州文化首都との連携」
 トーク:村田達彦 (遊工房アートスペースディレクター)
 
■プルゼニでのAIR活動報告―AIRとアーティストの関係
 報告者:松本恭吾 (アーティスト)
 
■「国際的アーティストを育てるために〜西ボヘミア大学ArtCampの取り組み」 ※逐次通訳あり
    トーク: レンカ・コディトゥコヴァ博士(ArtCampエグゼクティヴディレクター)
       マーガレット・マルケタ・コフトコヴァ マネージャー(ArtCampコーディネーター)
 
■10th ArtCamp2014参加報告
 報告者:辻真木子(女子美術大学大学院アートプロデュース表現領域)、他
 
■ディスカッション 「学生・若手アーティストがつなぐ国際ネットワーク」
 ArtCamp参加者によるディスカッション及び大学教員からのコメント
 
 参加者:
  北田匠  (アーティスト)
  土方大  (アーティスト)
  加藤巧  (アーティスト)
  松本恭吾  (アーティスト)
  菅雄嗣  (東京芸術大学大学院美術研究科)
  高田慎也  (福井大学大学院教育研究科)
  神祥子  (武蔵野美術大学大学院造形研究科油絵コース)
  藤原美咲  (東北芸術工科大学大学院グラフィックデザイン領域)
  辻真木子  (女子美術大学大学院アートプロデュース表現領域)
  渡辺志麻  (女子美術大学大学院ヒーリング表現領域)
  佐々木美穂子  (東京芸術大学大学院美術研究科)
 
懇親会(21:00-22:00)
 
詳細:
日 時|11月21日(金)
     18:30-21:00 (18:00開場)/懇親会 21:00-22:00 (無料)
会 場|Arts Chiyoda 3331コミュニティスペース(千代田区外神田6-11-14)
定 員|80名(先着順)
参加費|無料(要申し込み)
申込先|日英でお名前、ご所属(ご職業)・電話・メールアドレスご記入の上、
      下記AIRネットワーク事務局までメールにてお申し込みください。*DAY1-2いずれの参加かを明記。
      申込先:AIRネットワーク事務局 info@j-air.arts-npo.org

問合先|AIRネットワーク事務局(特定非営利法人アートNPOリンク内) info@j-air.arts-npo.org
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【DAY2|11月22日】テーブルディスカッション 「国際アートキャンプの実施に向けて」
 
DAY2は、日本での国際的なArtCampの実現・可能性に関し、
ArtCamp2014参加者及び関係教員を交えたテーブルディスカッションを行います。
公開ミーティングですので、どなたでもご参加いただけます。
 
日 時|11月22日(土) 13:30-18:00
会 場|女子美術大学杉並キャンパス1号館 1209教室(杉並区和田1-49-8)
定 員|30名(先着順)
参加費|無料(要申し込み)
申込先|お名前・所属・電話・メールアドレスをご記入の上、
         下記申込先までメールにてお申し込みください。*DAY1-2いずれの参加かを明記してください。
         DAY2申込先:AIRネットワーク事務局  info@j-air.arts-npo.org

問合先|AIRネットワーク事務局(特定非営利法人アートNPOリンク内)   info@j-air.arts-npo.org
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【DAY3|11月23日】オプショナルツアー:遊工房アートスペース、トロールの森2014
 
DAY3は、オプショナルツアーとして、遊工房アートスペース
および杉並区善福寺公園で開催中の「トロールの森2014」の見学会を開催します。
ご希望の方は、当日、下記集合場所へ直接お集まり下さい。
 
集合時間|11月23日(日) 12:30集合
集合場所|都立善福寺公園サービスセンター前(東京都杉並区善福寺3丁目9−10)
 
問合せ先|遊工房アートスペース TEL 03-5930-5009
            *DAY1-2と問合せ先が異なりますので、ご注意ください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
[主催]AIRネットワーク準備会(アートNPOリンク内)
[共催]マイクロレジデンス・ネットワーク(遊工房アートスペース内)
     欧州文化首都プルゼニ2015委員会
     女子美術大学アート・デザイン表現学科アートプロデュース表現領域
[助成]EU・ジャパンフェスト日本委員会
 
*1 遊工房アートスペースが提唱するAIRの名称。多様な形で展開されているAIRの中で、特にアーティストが主導する小規模なAIRを「マイクロレジデンス」と命名し、調査・研究に取組み、様々な活動を展開している。マイクロレジデンス・ネットワークとしての国内外AIR同士の活動は22012年より始まった。www.microresidence.net
 
*2 「AIR for Young」。AIRと美術大学が連携し若手アーティストの滞在制作体験機会を提供するもので、芸術家を目指す若手美大生の、職業として、社会人として、また、生活者としてのアーティストになる為の貴重な体験プログラムとなるもの。個々のAIRと美術大学間の共同による実践を通し、国際間の交換プログラムへの拡大、継続性ある仕組みの構築を目指すもの。