Meet Up ECoC

Takayuki Fujimoto/Kinsei R&D

Contact person :
藤本 隆行/Takayuki Fujimoto

Position :
Director/Lighting designer

Message

Takayuki Fujimoto a.k.a. Kinsei began participating in projects of the performance art group Dumb Type in 1987. Also, he founded his own company “Kinsei R&D” in 2015. After 2003 he has participated primarily as the lighting designer in performance and multimedia works by many overseas and Japanese artists that make use of the unique potential of LED lighting. For his well-known work \\\"true/本当のこと\\\" in 2007, he worked to put together a multi-talented technical team to focus on integrating LED lighting with other digital devices to create a highly organic stage work.  Since 2010, he has also been trying to lighting design for Noh performances with LEDs at the Yamamoto Noh theater in Osaka. In his working process, he actively employs the latest digital technologies in works for the stage intending to create new circuits to connect directly to the audience with no less strength than the connection created by the stage performer communicating directly to the audience in live stage experience.   1987年に日本のアートコレクティヴ ダムタイプに参加、以後、2002年製作「Voyage」までの全ての作品において、主に照明デザインと、テクニカル・マネージメントを担当する。また、2015年には、個人の活動基盤として一般社団法人 Kinsei R&Dを設立。  2003年以降、ダムタイプの活動と並行して、主にLED照明とデジタル技術による照明制御を用いて、個人名義の舞台や美術作品の制作を開始、また国内外のアーティストとの共同制作も多く、マルチメディアな活動を展開している。  代表的な舞台作品としては、2007年に9名の日本人アーティスト(白井剛・川口隆夫・真鍋大度、他)と作り上げた、「true/本当のこと」がある。この作品は、筋電センサーなどのデジタル・ディバイスを使い、人体と様々な舞台要素、特にLED照明との緻密な同期を用いて、人間の脳と世界の把握をモチーフにした有機的な舞台を構築した。  また、2010年からは大阪の山本能楽堂にて、能の演目にLEDで照明を付ける試みも続けている。  その仕事は,デジタル技術を積極的に舞台や美術作品に援用することで,身体とテクノロジーが確かな相互作用を結び、より解像度と強度の高い経験を観客に提示することをめざしている。

Works

Curriculum vitae

Last update : 30 Apr. 2020